ジューンブライド☂

*本日もTHE WALLプランナーブログをご覧頂き、誠にありがとうございます*

今日は梅雨らしいお天気ですね☂

しかし明日は晴れ間も広がるみたいなので、嬉しいです♪

さて日本で6月といえば梅雨・・・

しかし皆様ご存知と通り、ジューンブライドともいわれますよねヽ(^o^)丿

欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあります!

この言い伝えには由来が3つあるといわれておりまして、

ひとつは 女神「JUNO」説

6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えです。

そしてふたつめは 気候・季節説

ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。

そして 3つめ 結婚解禁説

農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。

意外と知られていないジューンブライドの由来。

ヨーロッパのステキな言い伝えは、日本の花嫁の心をつかみ広まったようです♡